クラミジアは日本で一番多い性病と言われています。しかし、クラミジア治る病気で、今では様々な種類の治療薬が販売されているという事実があります。有名なジスロマックから、様々な薬を紹介します。

  • ホーム
  • クラビットの効果と副作用を紹介

クラビットの効果と副作用を紹介

クラビットとは日本で開発された合成抗菌薬で、ニューキノロン系に分類される有効成分「レボフロキサシン水和物」が、細菌が増殖するのを邪魔して様々な感染症を改善させていきます。
従来の薬よりも抗菌作用が高いのが特徴で、さらにペニシリン系やセフェム系の抗生物質にアレルギーを持つ人でも使うことができるので、多くの患者に使われています。
国内の製薬会社が開発したということで、医療機関からの信頼性が高いです。
服用することでクラビットは細菌の設計図を読めないように邪魔する作用を持っています。
膀胱炎・前立腺炎を含む尿路感染症、咽頭炎・気管支炎などの呼吸器感染症、中耳炎・副鼻腔炎を含む耳鼻感染症、慢性膿皮症を含む皮膚感染症。
クラミジアを含む性感染症などに効果的です。
細菌が増殖するためには形成している情報を持っているDNAを読み取らなければいけなく、クラビットはそのDNAを変化させるタイミングで作用することによって、最近の複製を妨げて増殖を抑え、死滅させていきます。
殺菌効果を及ぼす最近の種類が多いのもクラビットの特徴になり、特に期待できるのがブドウ球体・連鎖球菌・結核菌・大腸菌・チフス菌・クラミジア・トラコマティスなどです。
このようにさまざまな細菌に効果があるのが魅力で、求めている人も多くいます。
入手方法としては医療機関で診察を受けて処方箋をもらうのが一般的です。
ただ保険が適用されても高額なので、個人輸入で通販を考える人もいますが、クラビットの取り扱いはほとんどなく、ジェネリック医薬品を求めると安く手に入れることができます。
医薬品は通販の際に法律上の手続きが大変なので、個人輸入代行業を利用してジェネリック医薬品を求めると簡単です。
ジェネリック医薬品の種類は多く、効果はほとんど変わらないので使い勝手が良くなります。
ほぼ同じ効果を持っていても内容が少しずつ異なっていますので、説明書を読んで自分に適したものを試してください。

クラビットの副作用や服用時の注意点を覚えましょう

クラビットを使用する時に気を付けたいのが副作用で、主なものは発心と下痢になります。
抗菌薬の中でも比較的副作用が起こりにくいですが、全くないわけではないので注意が必要です。
特に肝臓や腎臓の働きが弱っている、持病をお持ちの方は気を付けた方が良く、違和感が合った時はすぐに服用をやめて、医師の診察を受けてください。
安全性が高いと言われていますが、これまで命の危険に関わるような副作用な報告が全くないわけではありません。
使用する時には用法や容量を守り、飲み始めた時には身体の変化に気を付けるようにする、事前に副作用の症状を知っておくことによって、問題が起こっても最小限で防げます。
服用時の注意点ですが、クラビットは1日500mgが容量となり、1日1回飲んでいきます。
気を付けたい点としては飲み物で殺菌作用に影響が出てきてしまうので、必ず水かぬるま湯で飲むようにしてください。
症状によって服用期間が異なってきますので、使用する前には医師に相談することが重要です。
また他にも薬を飲んでいる方は、併用が可能か確認することが大切になります。
クラビットの効果を最大限に引き出すためには、用法と容量を守ることが大切です。
さらに解熱鎮痛消炎剤や制酸剤など一部の抗生物質は効果を打ち消してしまうので薬を併用する時は確認するようにします。
さらに抗菌薬は耐性菌が発生してしまう恐れがあり、そうなってしまうと殺菌できなくなってしまうので、服用量を自己判断で増減させない、服用期間を勝手に変更しないなど基本を守ることが大切です。
事前に医師の診察を受けて、副作用ができた時はもちろん、他にも違和感があった時にはすぐに相談することでトラブルを避けられます。

サイト内検索
人気記事一覧