クラミジアは日本で一番多い性病と言われています。しかし、クラミジア治る病気で、今では様々な種類の治療薬が販売されているという事実があります。有名なジスロマックから、様々な薬を紹介します。

  • ホーム
  • カンジダ症の症状と治療薬について知りましょう

カンジダ症の症状と治療薬について知りましょう

女性の5人に1人はかかったことがあるというポピュラーな病気、それがカンジダです。
たとえば膣の周辺にかゆみが出たり、カッテージチーズのような白いおりものがあったり、排尿時や性交時に痛みを感じたり、こういった症状があれば感染している可能性が高いため病院で診てもらうことをおすすめします。
原因となるのはカンジダ菌です。
これは元々体内にいる常在菌です。
他の性感染症だと性交渉が感染経路となることが多いですがカンジダ菌はすでに自身で持っているのです。
性交渉を感染経路とする以外にも、風邪や疲労やストレスにより免疫機能が低下することでも発症します。
妊娠や生理によりホルモンバランスが崩れたときにもなりやすいです。
たとえ治療薬で完治したとしてもまた再発する可能性は高いです。
もしも性器に何らかの症状が出てきたら早めに治療薬を使ってください。
日頃から生理用ナプキンをマメに交換したり、通気性の良い下着を着用するようにして菌が発生しにくい環境を保ちましょう。
温かくて湿気がある状態をカンジダ菌は好みます。
たとえ感染したとしても、2日から1週間程度の潜伏期間があります。
個人差はあるため潜伏期間がもっと長く・あるいは短くなることもあります。
必ずしも女性のみがかかるわけではなく、特に包茎で高温多湿になりやすい陰茎であれば男性でもカンジダを発症することはあるのです。
性器だけでなく咽喉に感染することもあります。
菌が原因となる病気である以上は放置しておいても完治することはありません。
むしろ繁殖して症状が悪化していく一方です。
最近ではインターネット通販で検査薬を取寄せて自宅にいながらにして調べることもできます。
それに、たとえ性行為をしていなくとも感染することの多い病気なのですから、恥ずかしいからといってそのままにしておかず、何らかの異常があれば早めに病院に行きましょう。
それほど強い症状が出ないことも多く、だからこそ感染者が多いということもあるのです。
日頃からおりものの状態など観察しておいた方がよいでしょう。

カンジダ症に効果のある治療薬とは?

エンペシド膣錠やエンペシドクリーム・フロリード膣座剤やニゾラールクリーム、これらはどれもカンジダ治療のための薬です。
同じ成分が入っていても、フロリード膣座剤は病院で処方箋の元で手に入れなければなりませんが、メディトリート膣座剤やニゾラールクリームははドラッグストアなどで手に入れることができます。
もしも誰にも知られることなく治したいというならインターネットで取寄せることもできます。
お値段や買いやすさを考えて、どの薬がよいのか自身で選ぶようにしましょう。
膣内に症状が出ているのであれば膣座剤を・外陰部のかゆみなどがあればクリームへ剤形を変えてもよいでしょう。
痒み止めとしてステロイドが処方されることもあります。
かゆみがひどいと睡眠障害がもたらされることもあり、日常生活が送れなくなったり更に免疫力が落ちることにつながるからです。
ただし、ステロイドはカンジダの治りが遅くなるというデメリットがあるため、できるだけ避けた方がよいでしょう。
生理の度に症状が出てくるという方もいますし、最近では忙しい毎日を送る女性も多いのでどうしても再発はしやすいものです。
まずは1度目は病院にて処方してもらうようにし、その後は常備薬として薬を手に入れておき初期段階ですぐに使用することができるようにしておきましょう。
できれば免疫力を付けてカンジダ症そのものにならないことが一番です。
そして、もしもなったとしてもひどくなる前にすぐに治すことができるよう治療薬を持っておき、カンジダとうまく付き合えるようにしましょう。
検査キットを取寄せて感染したかどうかを調べ、薬もネットで購入するようにしていれば性感染症とはいえプライバシーを守りながら完治させることはできるのです。